せっかく安心のフードも保存方法で台無し?

食の安全が…と言われて久しいですが、そういう時代になって、自分の食べるものにこだわったり、商品の裏に書いてある表示をしっかりチェックするようになった、というかたも多いのではないでしょうか。

猫ちゃんにあたえるフードも、商品によって、配合されている原材料はさまざまなので、しっかりチェックしている、という人も増えていますよね。

最近では穀物原料が猫ちゃんは苦手、ということが知られてきて、グレインフリー(穀物原料を使っていない)のフードを選んでいる、という話もよく聞きます。

そういうフードは正直、ちょっと「お高め」な感じもあるので、オトクなセールとかあると、ついつい「まとめ買い」しちゃう、という人もいるのではないでしょうか。

 

でも、せっかく猫ちゃんの健康を考えて、原材料がしっかりした安心安全なフードを選んでも、台無しになってしまうのが「保存方法」がまずい場合。

ドライタイプのペットフードは、比較的日持ちするもので、購入してから半年とか1年などの賞味期限のものもあるので、ついつい「まとめ買い」している、という場合もあるかもしれません。

 

でもこの「保存方法」が間違っていたら、結局フードそのものが劣化してしまい、それを猫ちゃんが食べてしまうことに…。

なので、フードを極端にまとめ買いしてしまうのも、気を付けないといけないんですよね。

冬などは、暖房をして、加湿器をかけて過ごすことが多いですが、そういうお部屋に置いておくと、ドライフードでもよくないみたいです。

湿度とか温度、また太陽の光など、さまざまな環境がフードを劣化させたり、腐敗させてしまうことがあって、せっかく安心安全なフードを選んでも、傷んだ状態で与えたら逆効果になってしまうんですよね。

 

猫ちゃんは、自分でフードを選ぶことはできませんし、飼い主さんが用意してくれたペットフードと、お水を飲むことしかできません。

保存のしかたも猫ちゃんは自分で工夫することはできませんから、飼い主さんがしっかりとやってあげないといけないんですね。

Comments are closed.