(悲報)安いフードをあげた結果!

私ん家では、20年ほど前に最初の猫さんを迎えました。

その猫さんも、現役猫さんも、どちらも「ボランティアさん」から譲っていただいた子なのですが、最初の子は、タウン誌に「猫あげます」みたいに載ってたのに電話したのがきっかけでした(今みたいにネットがなかったのよ~!)

で、写真も載ってなかったので、どんな子が来るのか、できれば美猫がいいな~なんて思って電話でお話してたんですが「どの子も可愛いですから!」とまったく選ぶ余地なしで持参されたのですが…汗

 

まぁ美しい「三毛猫のオス」だったのです…後で気づいたのですが、三毛猫にはオスがほとんどおらず稀少だそうで…。

かぎしっぽにもなってて、ほんとに稀少な猫さんだったみたいです。

ボランティアさんが当初勧めて持ってきたのが、「○イエンスダイエット」という当時聞きなれないややお高いフードでしたが「これを与えるようにしてください」とご指定でしたので、しばらくこれにしてました。

 

しかし結構お高いので、一度低価格なフードに替えたことが…。

そしたらなぜかテキメンに、うちの子はおしっこに行くのに「出ない」状態に…。

動物病院に連れていくと「尿管結石」になってます…とのこと。

おかげで3万円あまりの医療費がひらひらと飛んでいき、この子にも辛い思いもさせてしまい、ほんとに後悔しましたよ…。

 

もちろん安いフードをあげても平気な子もいるんですが、うちはちょっとくらいいいだろう~とフードを変えたらいちいち体調崩してしまったので、それ以来もうお金がなくてもほかのフードに浮気はしませんでした。

最期はあまり寿命が長くなかったですが、13歳で他界したのですが、亡くなるときは、突然で、まさにピンピンころり…という感じでした。

 

フードのコストはけっこうかかりましたけど、結果的には医療費がその後まったくかからなくて、しかもあまり苦しまずに逝ってくれたので、よかったのかなぁ‥と感じています。

なので、あんまり安いフードあげても、病気になったら意味ないなぁと思ってます。

Comments are closed.